2007年01月18日

ネ・・・

『自然の教科書』から

1.
そのラコタの年寄りは賢かった。
人の心が自然から離れるにつれて、
ぎすぎすしたものになることを、
彼は知っていた。

育ちつつあるすべてのいのちに
対する尊敬の念が失われてしまえば、
人間に対する
尊敬の念も失われてしまうことを、
彼は知っていた。

2.
お恵みくださった
すべての恩恵に対し、
われわれは
グレイトスピリットに感謝する。

たとえば私自身、
湧いている泉の
水を飲むときには、
必ず、ありがたさで
心が満たされるのを待ってから、
水を口にふくむことをしている。

【関連する記事】
posted by かけら at 09:48| マイアミ ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。